外国で急増中?外国為替取引中毒とは

| 2012年11月30日 | 0 Comments

日本でも人気のFXですが、外国でも人気なんだそうで、それに伴い色々と問題も起っているんだそうです。そのうちの一つが外国為替取引中毒やFX中毒と呼ばれるもの。常に外国為替取引が気になって仕事が手に付かない、他のことをすることができない、一日中外国為替取引のことだけをしてしまう、なんて状態のことを言うのだそうです。どうも外国為替取引というのは、パチンコなどのギャンブルと同じように、比較的中毒性が高いのだそうです。
もちろん外国為替取引を行う人の全てがこうなるわけでもなく、外国でもあくまで一部の人にこういった症状が現れているだけのようですが、例えば主婦がちょっとしたお小遣い稼ぎに、と思って始めたらハマってしまい、家事も一切放棄して外国為替取引のことばかり…なんてなったら確かに問題ですよね。離婚問題に繋がりそうです。そうならないように適度に気分転換をしたり、他の趣味を持ったりすることが大事なのだそうです。

外国為替取引と外国へ旅行するときに両替すること

| 2012年10月30日 | 0 Comments

外国為替取引と聞くとあまりなじみがないというか、ほとんどの人には関係ないような言葉だと思ってしまいがちです。ですが、そういう人でも外国へ旅行へ行った時、円をいくらかその国の外貨に交換したりしますよね?それで両替したお金を色々なことに使った後、また旅行から帰ってくるときに余った外貨を円に戻してもらったりしたことがあると思います。外国為替取引、というものの仕組みはこれと同じです。つまり、意外と私たちの身近にあるのです。
例えば海外旅行へ行く前に手もとの10万円をドルに両替したとしましょう。そのとき、1ドルが100円だったとしましょう。そしてその後1ドルが105円になったとしましょう。このとき手元にあったドルを全てまた円に戻したらどうなるでしょう?十万円ではなく、もっと増えていますよね?これが外国為替取引の基本的な仕組みになります。実際はこれに手数料がかかるのですが、手数料以上変動すると、その分儲かるというわけです。

外国にいた時にやった外国為替取引ゲームの結果が散々

| 2012年9月30日 | 0 Comments

私は外国為替取引に興味があります。ニュースなんかですっごく儲かっている人の話なんかを聞くと「自分もやってみたい」「もしかしたら自分の儲けられるんじゃないか」なんて思ってしまいます。でも私自身は本当に外国為替取引をやるつもりはありません。自分が外国為替取引に向いていないのもわかっているし、多分儲けるどころか損をするだけだと知っているからです。何故なら私は外国にいたときに、外国為替取引のゲームをしたことがあるからです。
ゲームといっても中身は本物そっくりで、違うのは本物のお金を使わないってところだけです。なので自分で色々情報収集なんかをしてしばらくやってみたのですが、結果思いっきり損しました。最初はちょっとだけ儲けていたのに、ある日を境に思いっきりマイナスに。そのときに「あー、自分はこういうのは向いていないんだな」とわかりました。でも実際の外国為替取引と違ってお金を損したわけではないので、むしろゲームをやってみてよかったです。

外国為替における外国指標について

| 2012年8月30日 | 0 Comments

米国の雇用統計が発表された瞬間、株式や金利が大きく動くので外国の状況をたえずチェックすることが大切です。米国は今でも世界の経済の主導権を握る大国であり、そして雇用統計は、その米国の景気状況を知る上で最もわかりやすく信頼性のある指標だからなのでしょう。雇用統計の結果が良ければアメリカの景気が上向きと判断されてドルは上昇し、結果が悪ければその逆で、ドルは下落します。こういう時に外国為替取引の初心者はあわててポジションを取ると損失を出しかねませんが、うまくチャンスを拾えば、短時間に大きな利益を得られるのではないかと思います。
カナダ指標は意外と外国為替の取引をするうえで狙い目だと思います。それは、カナダが石油を産出する資源国なので、指標結果が外国の原油価格に影響があると受け止められた場合、その反動でカナダドルがらみの通貨も為替レートが大きく動いて、短時間で大きく変動するくせのある通貨だからです。指標結果を見て、レートの動きが上か下かを見極めたらすばやく取引することが、チャンスをつかむタイミングだと思います。
イギリスは、日本の時間の夕方5時から7時頃に指標発表が目白押しです。毎日なんらかのイギリス指標の発表があると言っていいほどです。どの指標が特に重要かということより、指標発表時の為替レートの動きに注目することが大切です。それは、指標の発表をきっかけに為替が大きく動き始めるという傾向があるからです。でも、イギリス指標は上下動が激しいというのを肝に銘じて衝動買い、衝動売りで損失を出さないようにすることがとても大切です。

外国為替取引で儲けるために英語を勉強しましょう

| 2012年7月30日 | 0 Comments

もし外国為替取引で儲けたいと思ったら、英語を勉強することです。一見外国為替取引と英語って何の関係もなさそうに思われるかもしれませんが、外国為替取引を行うにあたって英語が全然読めない、というのは大きなハンディキャップです。何故かというと外国為替取引ではとにかく情報収集が肝となってくるのですが、その情報は日本の情報だけでは到底足りません。外国のニュースなどを読むためにも、最低限英語ができないといけません。
どんな取引でも基本的には情報が多い方がより有利なのです。情報が少ないというのは何の得もありません。ですのでいかに必要な情報をどれだけの数仕入れることができるかで儲けられるかどうかが変わってきます。そのとき日本語しかできない人と、日本語と英語の両方が読める人では得られる情報の量が倍以上変わってきます。外国為替取引では海外のニュースを読むのも必要です。なので英語をyずう文に勉強しておくと良いと思います。